2011年08月14日

べるぜバブDVDの特徴関連を調べました

こんにちは〜(^-^)
マスメディアが発展した現代、べるぜバブDVDについて世間では色々な情報やうわさが飛び交っていますね。

べるぜバブDVDはストーリーの組み立て方とキャラクターの活かし方がうまく、気軽に楽しめる良作に仕上がっていると言われており、赤ん坊を肩車したまま生活する主人公がいろいろと不便を感じながらも赤ん坊との相乗効果によって凄まじい威力の攻撃ができるという単純な設定ことを目的に行われます。

ちょっと話題を変えて

久しぶりに寝不足になった本がある。 アフロサムライだ。 奇をてらってはおらず、オーソドックスな構成になっている。 しかし、話が単調にならないようにところどころで工夫されており、決して飽きない作りになっている。 これが、アフロサムライが寝不足を促す大きな原因になっている。 休憩がてら読むような本としては適していないかもしれない。 何よりアフロサムライの素晴らしさを引き立てているのは、その巧みは言語表現にある。 筆者も「この表現、もらった」と思ってしまうようなフレーズをいくつも発見した。 しばらく新しい本は不要かもしれない。 今度はじっくりと読み込んでみよう。 いつのまにやら日付が変わっていることもしばしばなので、じっくりと読み込んでほしい。 それほどよくできた内容だ。 筆者としては星5つをつけたい。

てなわけでまたのアクセスをお待ちしてます。 (゜-^*)/
posted by べるぜバブDVD at 00:00| 日記