2011年08月04日

皆も知りたいべるぜバブDVD

今日も記事書いていきますよ〜。
べるぜバブDVDについては一般の人はよくわかっていないことも随分と沢山あるようです。

べるぜバブDVDをちゃんと説明するとさ、赤ん坊を肩車したまま不良学校に登校する主人公が魔王の息子と言う設定の赤ん坊に四苦八苦しながらも面白おかしく活躍するストーリーとぶっとんだ設定の主人公が面白いだけでなく、まわりの個性豊かな脇役も魅力がありバカっぽいけど奥深い作品に仕上がっているになると思わない?

ちょっと話題を変えて

宇宙戦艦ヤマト2を購入して読んでみた。 久々に引き込まれるアニメだ。 宇宙戦艦ヤマト2はストーリーそのものはこのテーマにはよく見られる展開だ。 だが節目節目に予想外の展開が盛り込まれており、これが読ませる工夫になっている。 展開がスピーディーでついついもう少しもう少しと思っていると夜更かししてしまうことになる。 ちょっとした合間に読むような本ではないだろう。 そのような読み方は勿体無いともいえる。 何より宇宙戦艦ヤマト2の素晴らしさを引き立てているのは、その巧みは言語表現にある。 座右の銘に使えそうなフレーズが多数あり、単なる読み物の枠を超えているように思う。 レビューを書いているうちにまた読み返したくなってしまった。 多忙なときは睡眠不足になるかもしれないので手をつけないほうがいいかもしれない。 宇宙戦艦ヤマト2は今年最高の良書であったと思う。

アナタの心の友作者でした♪
posted by べるぜバブDVD at 23:40| 日記